医学部受験に通う予備校はなぜ費用が高いのか?

出題される試験の傾向に合わせた勉強を行うことが肝要

特に国立大学は学費が安いという一点だけでレベルが高い出題される試験の傾向に合わせた勉強を行うことが肝要大手は専門の医学系の予備校と比較しても安い

国立大学の場合であれば、どの大学でも理数系の頂点に近い偏差値を誇ります。
難易度の高さは言うまでもなく、私立大学よりは難しいのが実情となります。
よく希望される学生は国立大学を本命にして、有名私大を対抗にして受験する場合は医学方面に進学する学生がよくとる方法です。
難易度についても工学部や理学部の上を行くことも多く、現役生が受験しても合格することが難しいのが現実となります。
合格が難しいことは、そのまま勉強の仕方を出題レベルに合わせた形で行わなければならず、学校の授業だけでは間に合わないことが多いです。
他にも私立大学の医学部でもトップの慶応を始め、東京慈恵医科大・順天堂などの有名な私立大学は偏差値も高い傾向があり、なかなか普通の勉強をしていたのでは合格することができません。
出題される試験の傾向に合わせた勉強を行うことが肝要で、私立大学の場合は独自な試験が多いです。
受験を検討されている方は、医学系に進学するための専門の予備校に通うことが近道で、それが推奨される方法となります。
選び方のポイントには過去の実績を重視し、出題予想の的中率が高いのも必要不可欠です。
他にも費用もかかりますので、それが抑えられていることも重要となるかもしれません。
なお予備校に通う場合には費用がかかりますが、難易度のある勉強を行うことになるため、他の学部の志願よりも確実的に高いです。
その理由は対策ができる専門のスタッフを揃える必要があること、講師一人当たりの生徒の数を少なくし、充実した学習できる環境を整備するからです。
またカリキュラムなどの管理やサポート体制も他の学部を志願するよりも手厚い体制を整える必要もあるからとなります。
費用の相場も予備校によりますが、大手予備校では年間を通して100万円を切る費用が一般的です。

学費以外の出費がどれぐらいか?を想定するのは難しいですがテコムなどの予備校費用や、私立医学部の場合、再試が有料など想定外の出費がかかる可能性があると思います

— 投資ドクター (@c9H8T5P8TzSpk3t) 2018年10月6日