医学部受験に通う予備校はなぜ費用が高いのか?

大手は専門の医学系の予備校と比較しても安い

それでも他の学部と比較しても割高な分類に入ります。
大手は専門の医学系の予備校と比較しても安いですが、それでも平均して80万前後が相場となるでしょう。
本格的な医学系の予備校になると年間の費用が最低で100万円前後で、なかには500万円近くもかかってしまうこともあります。
模試代や季節講習、合宿講習といった後から料金が追加されるケースもあり、オールインのコースかどうかを知っておくことが重要です。
高額だと家計が苦しくなってしまう原因にもなりますので、注意が必要です。
ただこれだけの費用をかけて合格して医者になることができたら、そのかかった分は直ぐに回収できるほど価値が存在するので、人によってはお金をかけた方が良いかもしれません。
なお家庭教師に依頼する方法も存在しますが、医学系の大学を目指す場合には1講義当たり1〜5万円程度を相場とします。
何が何でも医学部に合格して入学したい場合には、家庭教師も併用する方法もとられたりすることも多いです。
このように大学でも医学系を目指す場合には、難関の試験を突破しなければならず、その難関試験に対応した勉強方法を必要とします。
独学でも勉強して難関試験に突破することも可能ですが、試験のノウハウや予想分析などに対応できていない学生も多いはずです。
勉強の工夫を行う必要があるため、学校以外の学習できる場所で習得することはポイントで楽に難関試験を突破出来たりします。
入学できれば、それだけ価値が存在する世界だということも可能です。

特に国立大学は学費が安いという一点だけでレベルが高い出題される試験の傾向に合わせた勉強を行うことが肝要大手は専門の医学系の予備校と比較しても安い

医学部 予備校 費用大学受験のTG